第3回講演会(終了しました)

「医療機器+福祉用具」参入セミナー vol.3

―ものづくり技術を医療・福祉に生かす―

(名古屋工業大学・十六銀行 産学連携事業)

の開催について

 

 名古屋工業大学医療介護健康情報学研究所(所長 岩田彰)株式会社十六銀行(頭取 堀江博海)、株式

会社岐阜銀行(頭取 湯畑正泰)、は、東海地域の基幹産業であるものづくりに関わる中小企業の皆様向け

の「医療機器・福祉用具参入セミナー vol.3」を下記のとおり開催いたします。

中部のものづくりで培われた製造技術・生産管理ノウハウを活かし、今後著しい成長が期待されるヘルスケ

ア産業(医療機器・福祉用具等)分野への新規参入を促進するものであり、株式会社十六銀行、株式会社岐

阜銀行としては当分野に関する第3弾のセミナーとなります。

今回は名古屋工業大学との共催により、同学との連携による、リハビリ・自立支援・介護支援等の機器分野

に焦点を当てます。

名古屋工業大学は、昨年「医療介護健康情報学研究所」を開設するなどヘルスケア機器の研究開発に本格的

に取り組み、「介護支援」「自立支援」「コミュニケーション支援」の3分野において最新の学問研究を進

めております。これらの知識を中部のものづくり企業が持つ高い技術力と融合させることで、医療機器・介

護用具分野等における新たな市場が創造されることを期待します。

 

【セミナーの概要】

開催日時:平成24年5月22日(火)15:00~17:30(受付開始14:40~)

開催場所:名古屋工業大学 51号館 5111教室
名古屋市昭和区御器所町

参加対象:医療機器・福祉用具・介護用品業界への参入にご興味のある方、知識を深めたい方(特に製造業の方)

定  員:200名(先着順)/参加費無料

 ◆講演内容:

第一部 基調講演 「アジアにおける福祉産業の現状と日本企業参入の可能性」

一般社団法人クオルトン研究所代表、

横浜市総合リハビリテーションセンター顧問 田中 理 氏

第二部 名工大 医療・介護・福祉・リハビリ等分野研究者によるプレゼンテーション

佐野 明人 教授    森田 良文 教授      

第三部 「医療機器・福祉用具ビジネス創出の方策とマーケット戦略とは!」

名工大医療介護健康情報学研究所副所長 矢口 隆明 プロジェクト教授

 

◆主催:株式会社十六銀行、株式会社岐阜銀行、名古屋工業大学 医療介護健康情報学研究所

※プログラム等詳細は別添チラシをご覧ください。

申込みは、十六銀行法人営業部法人営業グループまでFAX(058-263-8150)にてお申し込み下さい。

 締切:先着順で、定員(200名)に達したところで締め切らせていただきます             

                                                                                                                       以 上

 <本件に関するご照会先>

名古屋工業大学 医療介護健康情報学研究所  TEL 052-735-5423 

十六銀行経営企画部ブランド戦略室         TEL 058-266-2512

岐阜銀行経営管理グループ              TEL 058-272-9006